スポーツクラブで運動不足解消

スポーツクラブで運動不足解消

スポーツの代表であるバスケットボールのボールの正しい持ち方

今回は、スポーツの代表であるバスケットボールのボールの正しい持ち方について紹介したいと思います。バスケットボールでは上達するためには、ボールの持ち方ももちろん大切です。なのでまずは、ボールを正しく持つという練習をしましょう。指を自分の開けるまで開いて持つということが正しい持ち方のポイントです。意外に簡単ですよね。これを意識して持つと変わりますよ。なぜ、このような持ち方が正しい持ち方なのでしょうか。それは、ボールとの接地の面積が普通に持つよりも広くなるため、より安定してボールを持つことができるからなのです。

やはり安定していると、落とすことはもちろんありませんし、奪われることもあまりありません。そしてシュートの軌道も安定します。いいことづくめですよね。練習としては、右利きの場合、右手はボールの下側中央あたりに添えましょう。そして、人差し指と中指の間をボールの中心線に合わせるようにしましょう。この中心線というのは、シュートを打ってから、リングに向かうまでの放物線の中心ということです。そして、狙いを定めてシュートを打ちましょう。また、シュートを打つ反対の手は、90度を保った位置に添えましょう。

Copyright (C)2019スポーツクラブで運動不足解消.All rights reserved.